2016年9月4日(日曜日)にBossa Novaの夕べを開催致します。お一人様5,000円でご参加いただけます。晩夏のひと時をボサノバを聴きながら過ごしませんか?※料金の中にワンドリンク・自家製前菜・軽食が含まれております。

開店時間:17:00
演奏開始:18:30
ご料金:お一人様 ¥5,000-(税込)
出演者:ホベルト・カザノバ(Vo)、ミカ・ダ・シルヴァ(Vo,G)、佐々木優樹(G)

出演者プロフィール

ホベルト・カザノバ(Vo)、ミカ・ダ・シルヴァ(Vo,G)
佐々木優樹

ホベルト・カザノバ

ブラジル、サンパウロ出身。幼少より日本人街ベールダージに住んでいたことで、日本の文化や音楽に関心を持ち、1990ね頃から日本のポピュラー音楽や演歌などを歌い始める。日本人のように自然な発音と包み込むような優しい歌声で数々のコンクールに何度も優勝する。後2006年、結婚を機に日本で暮らし始め2010年NHKのど自慢チャンピオン大会で優勝。そのニュースがブラジルテレビ、グローボ局で取り上げられ話題になる。また、2010年に腎不全のため腎臓移植を経験。どんな困難にも「夢をあきらめない」というその生き方がメディアでも取り上げられる。ホベルト・カザノバの歌には、歌を歌える喜びと、応援してくださる皆様への感謝の気持ちがいっぱい詰まっている。また幼少より始めたブレイクダンスのパフォーマンスが評価され、ピアニスト、セーザーカマルゴマリアーノツアーにダンサーとして参加。シューシャ、アンジェリカなどのブラジル人気番組にも出演。レパートリーはブラジル音楽のボサノバからアメリカンポップス、日本の歌までと幅広く、歌手としてだけではなく、エンターテイナーとしてテレビ、ラジオのパーソナリティー、ディナーショーなどで活動、また日本とブラジルの架け橋として講演活動もしている。
【主なテレビ出演】
関ジャニの仕分け∞(テレビ朝日)・世界一のSHOWタイム(日本テレビ)・さんまのからくりテレビ(TBS)・たっぷり静岡(NHK静岡)・静岡発そこ知り(SBS静岡)・とびっきり静岡(静岡朝日テレビ)・ピエール瀧のしょんないTV(静岡朝日テレビ)など

ミカ・ダ・シルヴァ

静岡市出身。1997年頃からジャズやアメリカンポップスなどを歌い始め、ライブやディナーショーを行う中、ブラジルの伝統的な音楽ボサノバに出会い、2005年単身ブラジルへ渡る。現地の数々のミュージシャンと共演し、2006年にはサンパウロで現地のミュージシャンと自身のライブを行う。2010年5月ブラジルテレビ、グローブ局放送のカウデランドフッキの夫のホベルト・カザノバと人気プロデューサーのヒッキ・ボナジウとのコラボによるオリジナル曲「KOKOROKANA」を発表。他、ブラジルテレビ、バンジ局、ガゼッタ局の「ムリューリス」「マニャンガゼッタ」など出演。現在は日本とブラジルを拠点とし、テレビ、ラジオ、コンサート、またブラジルと日本の架け橋となる存在として講演活動もしている。またサッカー元日本代表のラモス瑠偉、闘莉王、ボサノバ歌手の小野リサにも贈られた日本で活躍するアーティストに贈られるPress awardsを2010年と2014年にホベルト&ミカで受賞している。また2016年には日伯交流120周年記念テーマソングのレコーディングに参加。

佐々木優樹

静岡県焼津市出身。中学時代にギターを始める。18歳の時、上京と同時期にDjango Reinhardtのレコードを聴き、ジプシージャズに傾倒する。そして、Jass,Classic,Rock,Gipsy,Brazil,Argentina,,,世界中の様々な音楽を聴き、演奏し、現在に至る。2012年「Godin Player’s Competiion」にて「ゴダン特別賞」を受賞。現在は静岡に拠点を置き、自身のグループ「Gipsy Vibs」や、その他、様々な楽器、様々なミュージシャンと演奏活動をする。